c_GwXka6wLhuw_Xul82PaRaNcc3uvjs" /> google-site-verification: google9de4aa4b527f7d2c.html google.com, pub-1120962938688995, DIRECT, f08c47fec0942fa0

まさる先生のブログ

新たな武道の境地を目指します

Sponsered Link

ブラウン一家の紅葉狩り-17(栗駒を裾から眺め花山に)

 ロビー歓談

ランチが終わって散会し、まさるたちお客はロビーでコーヒーをご馳走になった。マスターの佐々木さんが、かおるさんを呼んで

 

「皆さんを途中まで送り、湯浜峠で栗駒全景をバックに写真を撮ってあげなさい」と最後まで気を遣う。

 

 かおるさんは、またチェロッキーでドライブできるので喜んで、支度にかかる。

 

啓子さんが昨日チェックインした時、顔を合した奥さんが見えないので

「奥さまはお出かけですか?」とささきマスターに聞いて見た、

 

岩出山の実家が旅館をやっていて、親父たちと兄夫婦が主に切り回しているのですが、忙しい時だけ女房に声が掛かるんですよ。夕方明るい内に送ってきましたよ」とマスターはいつもの事ですと言う。

 

「お父さん、岩出山に回って様子を見てきます」とかおるさんがバックを持って出て来た、お母さんか何か頼まれた様だ。

 

「あぁ~気が利くね」と眼を細める。

「そうでも無いですが、健太のことも気になるので、塾をサボっているかも知れないし」と弟さんの事が気になるらしい」

 

「弟さんの事を心配するおねぇさんは、典型的な日本の家族図だねぇ」とブラウンさんが日本の親父感覚で呟く。

 

啓子さんがすかさず

「スーザンだって、マイケルやチェリーを可愛がって、ウザったいと言われて居ましたがねぇ」と啓子さんが離れて暮らす子供たちを思い出して居る。

 

「チェリーさんは本国ですが、LINEとかSkypeとか便利なもの出来て居ますから寂しくないでしょう」とまさるが会話に参加

 

「ブラウンさんはお子さんが3人ですか?」と佐々木マスターが聞くと。


「でもね一人も傍に居なくて、まさるさんたちの所に来たらお爺さん・おばぁさん・叔父さん夫妻・従弟さんと、大家族構成でそれに道場の塾生も自由に行動するので、驚きましたよ」

 

「スーザンは私と同期入庁でした。

追いかけるようにマイケルくんが、東京に出てチェリーさんは同じころアメリカに留学したから、急に寂しくなりましたね」彩音さん。

 

「でもね今回の企画で、東京の2人と川渡にお世話になって歓待され、除隊後初めて日本をエンジョイ出来ましたよ」

 

「そうですね沖縄に住んで居て、ここが本当に日本かしらと言う日々です。

空には軍の飛行機が多く、出ればハワイより外国人が多いので、今回は自分的に日本人に成れた感じがしました」と啓子さんがシミジミ云う。

 

「まぁ溢(こぼす)しても仕方ないですが、もみじを眺めながら戻ることにしますか」とまさるたちに顔を向けるブラウンさんだ。

 

「それではかおるさん、ご案内をお願いします」とまさるが腰を上げる。

 

「佐々木さん、こんなに歓待して頂き有難うございます、冬の間は岩出山でお会い出来そうですから、お邪魔するかもしれません、その時は宜しくお願いします」頭を下げる

 

「はいっ番頭ですから、是非声を掛けて下さい」とマスターが立って握手する。

ブラウンさんは
「なんか今回は良い人たちと出会い、予算に合わないご接待をお受けし申し訳ありません、次は東京にいる子供たちと、来たいと思いますその時は宜しく」と笑いながら握手する。

 

ホテルのスタッフは、素早く荷物を持ち会釈し駐車場について行く。

赤のチェロッキーは、嬉しそうにエンジン音が響く。

彩音さんが

「チェロッキーに乗せてもらって良いですか」とかおるさんに聞く。

「じゃ私も良いですか」と啓子さんも乗りたいらしい。

かおるさんがまさるを見て、会釈する。

「はいどうぞ、女性者と男性者に分かれましょうかね」とまさるがお道化る。

沢筋の紅葉(頂上を望む)

f:id:owlboy2:20200501220921p:plain

山は見る方向で厳しさが違います、ここからは登山は厳しいですが紅葉はきれいです(^^♪

黄色の紅葉?

f:id:owlboy2:20200501220814p:plain

秋の山は紅葉って言いますが黄色の葉っぱが有るから赤い葉が際立つんですよねぇ(^^♪

赤色を中心に

f:id:owlboy2:20200503180051p:plain

裾野では頂上より遅く紅葉するので山締めしてもお客が多いです(^^♪

ハイ松さんの応援も

f:id:owlboy2:20200503175755p:plain

赤もみじに一興を添えるハイ松の緑(^^♪

赤と黄色のバランス

f:id:owlboy2:20200503194610p:plain

朱色と黄色がバランスよく配置してお客さんを待って居ます(^^♪


もみじトンネルでさようなら

f:id:owlboy2:20200503195049p:plain

花トンネルに負けじと紅葉トンネルでお見送り(^^♪

                       一部画像拝借:yamahack.com/2781

                         画像拝借:トトロ中

かおるさんは、#398の秋田と宮城の県境で車から降りて、少しだけ散歩しますと、一般客が気付かない穴場を2~300メートル進んで、色々なパターンの紅葉を見せて呉れた、さすが栗駒山のガイドさん!