google.com, pub-1120962938688995, DIRECT, f08c47fec0942fa0

まさる先生のブログ

新たな武道の境地を目指します

Sponsered Link

ブラウン一家の紅葉狩り-9(旧友のNさんにお願い)

 ブラウンさん平泉に興味

帰りはブラウン夫妻だけで、祖父と成美さんは古川に残ることになった。

「柏木さん、色々お世話になりました。子供たちの成長も確認できましたし、お爺さんや正一さんたちのお気遣いが、お家族並みで恐縮しました。啓子さんと相談しましたが今晩だけお世話になり、明日は平泉の中尊寺毛越寺を見学したいと思います」

f:id:owlboy2:20200409223734p:plain

大崎市のもみじ街道(^^♪

「はい平泉は観光には史跡が離れているの、車があると便利ですよ。私がお付き合いしても良いですが、私も彩音さんも横浜育ちで、あっつそうだ。彩音さん運転を変わってください」

 

「はい寄せて下さい」と左側に寄せて交代する。
「走りながら、友達に電話して見ます」

「あっつNさんねっ」と彩音さんも気付いた様だ。

Nさんこと野村さんにタッチ

「一関署ですか、野村健児管理官は在席中ですか?こちらは警察大学の術科教養の柏木と言います」と名乗って待つ。

「はい、署内におります、管理官室に回します」と女性警察官はテキパキと返答する。

 

「はいっ野村ですが?柏木さんって川渡の~?」とトーンが変わる。
「はいっまさるですご栄転おめでとうございます、鈴木さんに聴きました」

 

「う~ん佐々木次長の引きでね、北上が生まれなんだが殆ど温情さ、ところで何か起きたかな?」

 

「いやぁ~事故や事件じゃないが、隣町は管轄外だろうが骨を折って欲しい案件が有って電話したんですが、時間は大丈夫ですか?」

 

「未だ新米なので、管内の巡察名目でドライバー付きのパトロール位だよ」

 

「それじゃ丁度いい案件です、実は野村さんもご存知かもしれませんが、うちに名護マイケルくんが居ますよねっ、彼のご両親が川渡に滞在中で、明日平泉に行きたいので、信用できる観光タクシーを紹介して欲しいんですよ」

 

「な~るほど、それは面白い案件だね、いま私の世話をして呉れる女性警官が平泉出身でね、ちょっと待ってくれるかい、いま内線で呼ぶから・・・

秘書官が平泉出身でラッキー

「あぁ~三田さん、明日平泉に重要人物の観光で来るんだが、信用できる観光タクシーの知り合いは居ないかね」

 

「はいっ私の父が観光協会の事務長をして居るんですが、いま確認して良いですか?」
「お願いします」

 

「まさるくん、聞いた通りだが、明日何時ごろに来れるのかな?」

「え~と古川9:50で10:10分位かな一関は」

 

「分かりました、チョット待ってね、~三田さんどうでした?じゃね明日10:30ごろから夕方まで予約を入れて置いて下さい~まさるくん三田さんのお父さんの昵懇の個人タクシーの方が居るので、予約して貰います、明日の10:08に一関新幹線改札口に私がお出迎えします~まさるくん後で私のスマホに、マイケルくんのお父さんの顔写真を送って置いて下さい、三田さん明日10:08着だから平泉駅前 は10:30位になるかな、後で車種と社名あっ個人化。三田さんも同行するから良いか~そう言うことでまさるくん了解しました~何かほかにあるかな」

カミソリ彩ちゃんのワンポイントリリーフ

 

「大変結構です、野村警視の手際の良さに感謝します、お願いします。今奥さんに変わります、運転中なので私がスマホを持って居ますから、違反になりませんよね監察官殿~はぁ~いご無沙汰して居ます柏木彩音で~す」と20代のタレント見たいな声を出す。

 

「はいっ野村健児ですってわけで、お待ちしますとブラウンさんにお伝えください」

「分かりました、お伝えします古川を素通りじゃなく途中下車して川渡にも顔を出してくださいよ、当然奥さんもご一緒にお待ちします,明日は準公務としてパトロールカーを使用許可を出します」

 

「有難うございます、彩ちゃんの一言で安心して護送任務に付けます」

「まさるです。宜しくお願いします」

 

「ブラウンさんお聞きの通りですが、明日の朝9:50ですが大丈夫でしたかね?」

「はいまた駅まで送って頂けるのでしょうが、お友達を私用に使うなんて申し訳ありませんね」

 

「これが地方のいい面かもしれませんね」
「警察の管理官って、どの位置ですか」

 

「署長の次でしょう、本来は署長でも良かったのでしょうが一年位で署長に成るか、もう少し大きい警察の署長に栄転する、腰かけ見たいな感じでしょうか?」

 

「すると、まさるさんも地方の署長の線も有りですかね」とブラウンさんが笑う。

「私は、マイケルくんが柔道五段で錬士に成れば指導者に昇格するので、そこまでは移動は無しの約束ですから、子供たちの育成に専念しますよ」

 

「見方によっては勿体ないという事ですが、素晴らしい理念が有ってめおと道場の先行きが楽しみですね」と羨ましい顔をしている。