owl89.com

少年期のいじめの境遇から一念発起~

まさるは田舎の道場主ー33-道場は始動(指導)開始

元地主の訪問

祖父が、それじゃ朝市用の架台を造って置こうかねと、玄関に入る。
まさるが野菜をいれる、段ボール箱を探しにゆき、彩音さんが
「道場の方をご覧なって下さい」と、玄関に案内する。
遠藤さんが彩音さんの顔を見て
「あなたは、まさるちゃんのお嫁さんですか?」と聞く。
「申し遅れまして申し訳ありません。まだ結婚はしていませんが、秋までに式を挙げる予定で、名前は山崎彩音と言います、今後とも宜しくお願いします」と、最敬礼だ。
「ご丁寧に有難うございます、信二郎さんの兄弟の太郎さんの奥さんの実家の嫁で、絹江と言います、山が有りますが隣組ですから、宜しくお願いします」と、お礼をする。
「このような環境の良いところを譲って頂き、感謝して居ます」と、彩音さんが言う
「25~6年前、太郎さんの会社が大きくなり、社員の福祉施設を作りたいとの話で、荒れ放題の山で良かったら使いなさいと、上げたのですが会社が仙台寄りて前の三本木辺りで、土木の本職なのでたちまちキレイな別荘地に整地して、ユッタリとした保養所出来たんですよ」と、昔を思い出す様に、目を細める。

f:id:owlboy2:20190510211138p:plain

弓道は、日常生活とは違う筋力が必要で、最初はゴムの弓でおけいこします(^^♪

 一時はファミリー保養所だった

「前よりかなり広くなったような気がしますね」と、弓道場を見ている。
「あれは、新しく弓の道場を造って頂いのです」
「そうだね、あそこは藪と雑草で、かなり荒れて居たでしょう、保養所を止めてから何回か温泉でカラオケなどを遣ったのですが、信二郎さんが忙しくて親族の集まりも少なくなり、ここは重宝して居ましたよ」
「これからは、年中開いていますからいつでも使ってください。温泉も大きく広げましたし、座敷も畳を取り換えてきれいになりました」
「だって、皆さんが柔道とかやるんでしょう、邪魔になりますからね」
「それは大丈夫です、祖父の真二郎さまとまさるさんや古川の正一さんたちも承知していますからご遠慮なさらず、気軽に遊びに来てください」と、彩音さんが説明する。
「あぁ~絹江さんによく見て頂いてくださいね、地主様ですからね」と、祖父が笑いながら作業着に着替えて、物置兼作業場の扉を開けている。

Sponsered Link  

信頼される祖父の人柄

 「信二郎さんは、ここに住んで居るんですか?」と、聞くので
「はい大変お世話になって居ます、凄く器用な方で、何でも簡単に造って頂けるので、わたくしたちの気持ちを予知されて、助かっています」と、本音を言う。絹江さんも
「そうですね、家の離れに隠居部屋を作って貰ったんですが、何も言わなくてもこんな物も欲しいだろうと思い、造ったよとか言って、トイレと小さな流しを付けて、お湯も沸かせるようにガスの配管も設計図にはいって居たんですよ、主人は(あの人は自分が住む積りで造るんで、常に真剣に考えて造作するから、何処からもクレームがつかない大工さんだよ)と、頼りして居ます」と、遠藤家でも信頼されている。
弓道場に回ると、斉藤さんが
「もっとゆっくり、手で引くんじゃないよ」と、言うと
「先生~だって、両手で持って居るんだもの手で引いちゃいますよ」と、女子学生が不満顔だ。

弓道のコーチ頑張る

「そうだよね、手で引かなくて誰が引くのって感じですが、弓手(ユンデ)も勝手(カッテ)もしっかり持ちますが、この先ですよ試験に出るのは、(打お越し)から(引分け)にゆきます。ゴムは指先に感じるでしょうが、大三からの力の配分は、弓手3分の2、勝手に3文の1の割合で、力を配分すると言われています。すなわち押す力を強く、引く力を少なくという事です。弽(ユガケ)をつけて弦を掛けると分かるのですが、弦は弦枕の溝に掛かって居る感じで、引分けは両肩を下げながら胸を開くことで(会)に入ると言われています」と、一息つく。
「いまの説明で、分かった人は初段は確実です。いまの(引分け)をもっと制度を上げると、右手の弽に弦が掛かっていますが、(引分け)の場合、右手首の延長線右ひじで引くことを意識しなさい、或いは両肩の線を矢道に近付けなさいと言う表現になります、この変を理解できれば、2~3段の評価を得て、飛び級もあるかな?」と、冗談を言う。

Sponsered Link  

 部外者も納得させる名コーチ

 「わしは引かないけど、分かりやすく整理されているね」と祖父も、廊下で聞き入って居る。「あれっ柏木さまぁ~ここは初心者道場ですから、お笑いください」と、はにかむ斉藤さん。彩音さんも口添え
「みなさん、弓道ではこんなに理論的な仕組みまで話してくれるところは有りませんよ、教本を読んで置きなさい位しかいいませんよ、皆さんは恵まれて居ます」と、ホローする。「先生、みんなで持ち上げて、恥ずかしいですよ」と、照れる。
「ついでに言って置きますけど、皆さんの体は弓道や柔道にも合って居ません、少しずつエキスパンダーや握力機などで、最初は上半身、弓を引けるようになったら下半身も鍛えます、これは1日や3日で済む話じゃなくて、最低でも半年くらいは掛かります、真面目な人で3か月、その差は何だか分かりますか?」と、学生の顔を見る。ひとり手を挙げた学生が居た。「はい どうぞ」と、彩音さんが指名。
「基礎体力をアップするのでしょうけど、自主トレーニングじゃないかと思いました」「はいっ大正解です、東北大学は出来て居ますね、本当は基礎体力が総じてアップすれば良いのですが、一挙に出来ないので弓の引き方から始まった場合、取り敢えず上半身から鍛え、筋力アップが感じられたら下半身も集中的に鍛えて下さい、今朝矢渡しをして頂いた師匠は、体もどっしりして居ますけど、立っても座っても歩いてもふら付かなかったでしょう、あの方は毎日スクワットを30分位やるかたです」
「はい、斉藤さんの授業にチャチャをいれてしまい、申し分けありません」と、斉藤さんに頭を下げて詫びる。

 カミソリ彩ちゃんが飛び入り

遠藤さんも巻き込まれ、聞いていたが
彩音さんも学校の先生でしたか?」と、聞く
「いやぁ~恥ずかしいですが、警察官でした」と、ぺコンと頭を下げた。学生たちが
「えっつ、お巡りさんだったのですか?」と、聞く。すかさず斉藤さんが
「キャリヤさんよっ」と、言って彩音さんの顔を見て頷く。高学年らしい学生が
「もしかして、赤門さんですか?」と、まともに聞いてくる。
「ご想像にお任せします」と、会釈して武道場に向かう。
「遠藤さま、お時間とらせましたね、ここが前の娯楽室を改造して、柔道と合気道を予定しています、奥の板敷の部分は子供遊び場や体力アップに使う器具も入れました、ダンスでもカラオケも出来ますので、利用してください」
「すっかり変わりましたね、この辺にピンポンが出来る部分とカラオケもこの端っこに有りました」と、柔道の受け身の形をまさるが教えているのを見ている。


PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 勉強しているシニアへ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他スポーツブログ 弓道へ
にほんブログ村

m.me/FacebookLoginAlerts