owl89.com

少年期のいじめの境遇から一念発起~

まさるが田舎の道場主ー1-本庁の表彰が奇跡の再会

本日から新シリーズをスタートさせます、応援してくださいねっ(^^♪

前々号の「久しぶりの国内ミッション」

まさるは、役所勤務が性に合っているのか、周りが思うほど苦痛に感じていない。

前回のミッションが意外と重大な事案で、省庁間の調整などに時間が要しタイムロスになった部分と、単独機関で終局まで詰めたことが情報漏れを防せいだ、両局面が浮き彫りになった。

端緒は外国の事件が、国内で問題になった違法劇薬製造・殺人事件と類似し、その後の国内の事象・事案に不測なことが無いか検証された。

まさるの探索業務は、公にはならず一部の関係者が友好関係にあった偶然性と、情報の管理や採算を度外視した協力が、大きな成果になった。

f:id:owlboy2:20190312205657p:plain

まさるは馴染みが薄い本庁、右隣が警視庁

異例の本庁で表彰式

今回偶然が重なり、まさるの誠実な性格と判断力が、協力者の心情と共鳴した結果が大きいようだ。

「なんだょ~回りくどい言いまわしをして~」と、叱られそうですね。
ここで、そのきっかけを書いておきます。

「久しぶりの国内ミッション」は、北海道紋別郡滝上町の原生林に違法建築された某国の工場が、観光地層雲峡の至近距離にあった。

当初は事件ではなく、不審な工場の実態調査だったが、調査中に通常では想定できない事案だ出てきて、解明してゆく段階で外国の事件とリンクしていた。

現地の得体の知れない工場捜索に、引き続き中部から西日本に掛けて大掛かりな裏付け捜査で、かなりの部分が判明した。まさるの国内勤務が久しぶりで、北海道の冬景色を堪能して居た。

Sponsered Link  

相手が国交の無い不可解な国で、国内でも中途半端な形で捜査中断の状態です。まさるとYさんが雪の中で、関係者を確保した瞬間に予感した事です。
約6か月後に、まさるたち捜査関係者が本庁に召集され、大げさにできない事情があるため内密の表彰式が有った。

そこで、お世話になった上川町の日野警視庁元警部、Yさんこと吉本元陸自一尉も呼ばれ、佐々木警視長がや鈴木警視・N警部こと野村警部も同席し、これは異例中の異例で、表彰後に本庁のレストランで幹部たちとランチをした。

運命の出会い

まさるはランチのレストランで、名簿で受付や席順・ネームプレートの受付担当が、どこかで会ったことのある女性で、警察の制服に警部の襟章だ。

「あぁっ」と、声を出しそうになって、お互いに顔を見合わせた。

傍に居た鈴木警視が、まさるとその警部を見比べて
「な~に君たち、知り合いだったの~?」と、不思議な顔で声を掛ける。

その場は、受け付け作業で混み合うので、お互い会釈して離れて席につく。

佐々木警視監も傍に来て
「まさるくん、中々隅に置けないね~」と、声を掛ける。
「いやぁ~」と、まさるは顔を赤くして返事にならない。

日野さんも傍で
「柏木さんはモテルんだなぁ~」と、冷やかす。まさるが小声で
「まだ名前も分からないんです」と、照れる。日野さんが
「マサカァ~」と、口あんぐり。まだお偉さんが見えないので、静かに席につく。

Sponsered Link  

 キューピートは鈴木警視

 受付の女性警部の名前を知りたいが、ネームプレートが良く見なかったことを悔やむ。まさるは、何を食べたか分からないくらい、気が動転していた。

これではミッションの指令が出でも役立たずだぁと、凹んでいると鈴木警視が、さりげなく近づき、
「まさるくん美味しいですか」と、小さな声でからかう。
まさるがドッキトして、顔を上げると鈴木さんが顔を入り口の方にまわす。

小さな受付デスクを中に入れて、書類を整理している新松田の彼女が、見えた。

「彼女も、あなたの名前も住所も分からいそうね?」と、探りを入れてくる。
「はい、通りすがりの客と店員の立場でしたから~」と、まさるは当惑した顔で、鈴木さんを見る。
「それが初恋ってゆうのかしら~」と、鈴木さんは楽しんでいるようだ。

「あの人は、横浜の生まれで山崎彩音さんと言うのよ、一緒に行きましょ紹介するから」と、先に歩き出した。

まさるも回りを見渡し、日野さんと眼が合ったたので頷き、立ち上がって鈴木警視の後を追う。


PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 勉強しているシニアへ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他スポーツブログ 弓道へ
にほんブログ村