owl89.com

少年期のいじめの境遇から一念発起~

挫ける心を叱咤して-15-真剣勝負は正味3分

【バージョンアップの改訂版です】

すべて想定通り

19:45頃、黄色のパーカーを着たまさるが、特別な気負いもなくスポーツ地下足袋で、音も無く歩を進める。歩道も人通りが多く、まさるに気を留める人もなく博多駅から山王公園に向う道を、歩いて来る。公園の表門と言うか、中心街に近い入り口だ。足取りはゆったりしながらも、全身は緊張しているようだ。日吉神社の社の裏側に着くとピタッと動きを止める。佐々木チームの動きをみると、すでにツツジの影や道路側に、反対側を見ながらレシーバで情報を確認しているようだ。まさるの行動は、すべて周知されて居るから分かるが、知らない人は感じないだろう。神社の木立越しに正門付近を見ると、見覚えの崩れた連中4~5人がたむろして、煙草を吸っている。特別警戒している風でもない。遠くから眺めて、まさるは自分の中に余裕が出たことを感じた。

f:id:owlboy2:20190225172800p:plain

山王寺公園の日吉神社山門


ゲーム開始

そろそろ動こうかと、一歩踏み出すと10メートルくらい離れた処のトイレから、見たことのある若いのが飛び出してきた。まさるは、迷わず接近片手で口をふさぎ、横っ腹に当て身を入れる。Kはへたへたと崩れる、投げ出した左膝に補強したレガーズを打つ。グシャと音がして「う~ん」と気づくが、さらに当身で眠らせる。
鳥居付近の連中が気付いたか、背伸びして見たが変化が見えない。
この間20秒くらいで処理できた。少し声がするのでスマホを見ると
I heard that sound now, but it will not take a minute
(いま、その音を聞いたが,一分も掛からないね)と、佐々木さんが至近距離にいる様だ。
The other party was out of hand.」(相手が油断して居ましたね)と、答えスマホをポケットに入れファスナーを閉める

Sponsered Link  

ホローチームも同時進行

まさるは,冷静に周りを見回し、佐々木チームが近づいて居ることを確認、実況を入れてるようだ。神社の前の明るい場所に立った。
I will do that K processing at once.(あのKの処理もすぐやるよ)と、実況放送のように進捗が見える。まさるは、口を開かぬがお礼を言いながら歩を進める。

神域を汚さぬ気配り

社から正門の鳥居まで結構離れて見通しが良いので、接近するまで目立つので気付かれそうだが、神域を離れたいと考えながら歩を進める。顔を正面に向けて、左右を確認すると佐々木チームは一糸乱れず、キチンとホローしている。昔はこんな派手なパーカーなど着なかったまさるが、ヤンキースの帽子に蛍光色のウエアで現れるとは思わなかったのか、10メートルくらいまで気づかず
「あれっましゃるじゃいか?」と一人が叫んだ。
「う~ん」と、言いながら全員が後ろを振り向く

「俺ば誰やて思うと、仁導寺博之ばい」と、まさるは笑みを浮かべながら皆の顔を見回す。みなは、まだ信じられないような顔で、遠巻きにしている。
「なに~ましゃるやなかとか?」と、まさるのはっきりしたタンカが信じられん顔だ。
「高校卒業まで我慢しとったが、決着ば付けようか」と、リーダー格のSを睨む。
「お前らには大きな借りあるけん、今日はすっきり返しに来たんしゃ」と、大声で宣言する。まさるは、宣言してから社から植え込みの方へゆっくり移動する。街灯も少なく、ちょっと広い場所に来たが1対6の陣形は変わらず5~6メートルの距離だ。連中も、声も出さずにすり足で付いてくる。作戦通りだ。まさるは連中の得物を確認するため、長い距離を引きずりまわしたのだ。案の定懐に手を入れた奴と、後ろに手を回したやつがほとんどだ。やはりマルボウの倅が偽造養子縁組で、あの中学に入ったリーダーのSが武器を持っているようだ。

Sponsered Link  


先手の飛燕の技

2-30メートル移動し、連中を端から目を合わしてゆく、慌てて目を逸らすやつも居るが、そんな奴は1~2メート下がっている。
「命まで取ろうて思わんが、手加減ば間違うと一生立ち直れん奴になるか、玄界灘ん水屑になるしゃ」と、さっきからまさるだけが喋っている。誰も、何も言わない。
「しゃっき、慌て者んのKが居たけんトイレで眠って貰うたが、残りん6人は逃げんでくれや」と、見回したが、動く気配がない
「しゃぁ~早う掛かって来いや」と、自然体で両手を下げて立った。
「そうばい一番世話になった、あんしゃんから掛かってこいや」と、マルボウ系のSにに目を向ける。まさるは、こいつが皆を扇動し悪働きを仕掛けたのが百も承知だ。

 佐々木チームも驚く早業

みなも、恐る恐る横眼でSの動きを見ているようだ。瞬間、まさるは音もなく2~3歩前に出て、その勢いで飛び上がり右足のレガーズでSの顎を直撃、降り際に左のレガーズが相手の右ひざを直撃、相手は悶え苦しむので、わき腹に当身を一発!誰も動かない、というか動けない!ヤッパを抜いたのも居たが、お構いなしに
「次~ぃ」と、ひと声発すると、両手のグローブも凶器に近いが、誰も気づかない。ヤッパを構えた腕は、空手の平手打ちだが組み込まれたアルミ片が、効果を倍増する。簡単に手首がだらりと折れる、まさるのケリは、レガーズを使うのでシューズはスポーツ地下足袋だが、つま先を遣わず脛で打つ。5人は、連携がなく勝手に動いているので,まさるにとって好都合で面白いようにヒットする。

Sponsered Link  

着地して様子を見る

何度目かの着地で。周りを見ると6人が歪んだ顔を地面に擦り付けている。まさるは、ひとり、ひとり顔を自分に向けさせ、補強されたグローブで顔面や肩や腕関節を砕く。息をしているのは、すかさず当身を加える。6人の始末に掛かった時間は、3分弱。周 りに佐々木チームが静かに近寄って来たが、声を出さずに立ちすくむ。自分たちも、遣りたかったような顔もある。


PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 勉強しているシニアへ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他スポーツブログ 弓道へ
にほんブログ村