owl89.com

少年期のいじめの境遇から一念発起~

挫ける心を叱咤して-11-西丹沢で最終特訓

【バージョンアップの改訂版です】

菰釣山踏破は断念

当初の予定では、丹沢山の復習は20時間だったが、まだ5時間くらいしか消化していない。素人が組んだ初めての登山で、プランを2つも設定するのは無理かもしれない。 昨夜まさるのタブレットに、姉のメールが着信して居た。 『3月末まで大学側と打ち合わせが必要で、まさると連絡が取れないから知っているか?』と、母から電話があったらしい。姉は、ヤマに入ったことは言わずに、連絡とってみるとだけ伝えたらしい。

f:id:owlboy2:20190223212214p:plain

滝の名称は分からないが、周りの音を消してくれる(偉人の様な人面岩がありました)

まさるは、スマホはマナーモードにしているので、メールだけしか使わない。家には国内旅行中と言ってあり、メールでは問い合わせが無いので、気付かなかった。残り4~5日は掛かる予定だったが、入学前の何かがあるのだろう。仕方なく予定の行動は明日で打ち切ることにした。姉にも、電話ではなくメールで、『27~28日には帰れる』と家に伝えてくれと送信した。 今日は、西丹沢に下りて一泊し、朝一で新松田に出ることにした。

Sponsered Link  

 

 目標の心身の鍛錬は手を抜かず

今日の予定は、ゴーラ沢と西丹沢の前で半日以上は、合氣道と空手の型などをやり、”西丹沢山の家”に一泊して、畔ヶ丸から城ヶ尾峠を経て菰釣山避難所で仮眠をとり、明後日菰釣山から谷中湖の平野に出る予定だった。この先は、機敏に行動が必須だ。 まだ4日の余裕だと考えていたが、とりあえずスマホを使って”奥箒沢山の家”に予約をした。食事付きでも山頂の山荘と比べるとかなり安い料金だった。展望台から下りが続く。

 今日も格好の試練場を見つけた

予定のゴーラ沢まで下がって、険しい岩場を見つけ降りてみる。下に沢登りのルートがあり、一生懸命に石を跨ぎながら水を避け右・左に飛びながら人たちが見えるが、下に滝があり話声も聞こえない騒音だ。岩場は凸凹があるが、5メートル四方ぐらいな使えそうだ。まずザックを開いて、シートを広げツールを整理した。藪こぎに使う予定のナイフで枝払いや、つた類を片付ける。

f:id:owlboy2:20190223213338p:plain

酸性雨も問題になったが見事なブナ林が続く

朝食は、青ヶ岳山荘で頂き、お握りを作ってもらったが、ランチには早いので広げたマットシートに腰を下ろしてみると、昨日の石の上よりクッションが良い。岩場と言っても落葉が何層にも重なって、地面と同じくらいの弾力があり完全な腐葉土だ。まるで滝の上で座禅を組んだ状態だ。 次第に、滝の音も瞑想の邪魔にならず、冬の落葉樹林越しに初春の日差しが優しく注ぐ。

居眠りしそうな空白な時間に、突然”サッ”という風切り音がした。まさるは少しも動ぜずその姿勢で薄目を開けた。自分の前方は沢で、向かい側は傾いたブナ林が続く。こちらに関心がある大きな目が睨んでいるようだが、動く気配がない。夜行性の極みのように言われるフクロウが、まさるの動きを見ている。ブナの張りだした太い枝は安定感があり、森の賢者と言われるフクロウは、その風格がある。まさるから視線を外さず『何をしているの!』と、聞いているような風情でこっちを見ている。 まさるが結跏趺坐を解き、静かに動き出してもじっとしているが、外敵に値しないと見たか首を静かに回して周辺を観察し始めた。

f:id:owlboy2:20190218171327p:plain

野生のシカさんも、見た目は可愛げだが落葉樹林は下草が丸坊主で害獣扱いだ

時計を確認すると、11時前だから1時間半くらいは『無』の世界を堪能したわけだ。少し早いがランチの用意をする。まさるは単独行だが、面倒くさがらずに自分の食事位は用意する。 今は、目移りするほどいろんな食品が揃っており、山行プランに合わせてじっくり時間をかけて用意ができる。以前から使って居たガスバーナーも使い慣れているが、今回はボンベを交換し食事も作る予定だったが、広沢寺の皆さんのおかげで自炊がほとんど無くなった。

Sponsered Link  

 

青木が岳山荘で造って頂いたお握りに生姜付けが添えられ、スープを溶かしゆっくり食べ、仕上げはドリップコーヒーを淹れて、お終い。 満腹にはならないが、この3年間の習慣で胃袋も納得してくれる! 30分くらい、イヤホーンで音楽を聴きながら横になって、手足を伸ばしながらストレッチをやる。シートを敷いた脇に太いブナの木があるので、シュラフをポンチに刳るんで、高さ2メートルくらいの位置に、巻き付けた。

今日は合気道の受けを少なく、空手の技を中心に!付き・ケリを多く遣ることにした。声を出しても滝の音の方が大きく、自分の耳にも、明瞭には聞こえない。マットシートをずらして、2メートルの高蹴りをやってみると、道場で教わった以上にビッシット決る。凸凹の足場だが、沢登り用のスポーツ足袋が足に合っているので、痛さはない。明日は、これで行くことに決めた。正味3時間くらい汗を流し、先ほど入れたコーヒーの残りを啜った。 片付けも、3日目なので手際よくなった。明日の予定を考えて、中の配置も考慮しながらマットシートはザックに収納することにした。


PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 勉強しているシニアへ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他スポーツブログ 弓道へ
にほんブログ村